あの花に名前をつけるなら

作者夏目ことり

「その子、ちゅうの子供?」
「…そうだよ」

懐かしいあの人と再会した。

私の不幸な人生の記憶の中に、貴方の思い出に縋る。