絶望の果てに出会ったのは、この街を支配する青い瞳をした美しい男だった。









生き絶えるその瞬間、




この人と死ねることが




どうしようもなく幸せだと思った。










b6e2974c2689








「あなたを‥‥救いたかった」










※この作品は、2017年に公開していたものの

改訂版となります。






※この作品は、フィクションです。

誹謗中傷、ご指摘(誤字脱字等のご報告)、ご意見等は一切受け付けていないため、予めご了承ください。