イオリは可愛げが無いらしい

作者青葉 まとり

悠々自適な少女と、不良達の物語。常時穏やかではない模様。







未知の世界は魅力的だね。





では知ってしまった世界が恐怖なら、


それに費やした好奇心は悪なのか。





無知は脅威に他ならないと言い切れたなら、


人々はもっとクリアな世の中を望んだことだろう。





くるくるくるくる世界はまわる。




小さな声が連鎖を生んで。



小さなものを飲み込んで。








数年後、この世界を美しいといえるだろうか。