Leaving orange1【完】

作者梓 鹿乃

「簡単に逃げられると思うなよ?」わたしが喧嘩を売った相手はこの街のトップ。







あの日、私が目に残したのは





オレンジ色の光だった。




3917d2c0bad3




わたしの世界は、大きく変わった。








*読者数10万hitありがとうございます。