「嫌いだよ。あんたなんか、」冬の夜に再会した彼は、とても冷たい目をしていた。わたしは、一歩もあなたに近づくことさえできない。




わたし、好きな人ができたの。


だから、別れてほしいの。



あの日、言いたくもない言葉を並べて、



人生最大の嘘を、吐いた。



今更後悔したって、もう遅い。



なに?今更。



一般人


×


芸能人



芸能人になった彼は、



手の届かない遠い存在。




※フィクションです。



できるだけ現実に近くなるように考えて作っていますが、実物とは違う部分もあると思います。


そこのところはご了承ください。