追想オルテンシア

作者文月優伽

少女は紫陽花が咲き誇る場所で、ひとりの青年と出会う。けれどその青年は……。

紫陽花を見ると、

思い出す。

忘れもしない、

あの日のことを。





深い霧が立ち込める、あじさいの道。




私はそこで、彼と出会った。





その記憶は色褪せることなく





確かに、私の心の中に存在している。