運命の花

作者きむ

『壊滅した組』に愛された幼い少女は姿を消した。
11年後、暴挙を強いられていた少女は絶対的勢力を誇る『皇組』の若頭と出会う。
若頭はまだ知らない、少女がーーーー



11年前。


ひとつの街で、裏社会の者達同士の

の大抗争が起こった。


卑劣な襲撃により『壊滅した組』には

愛されたひとりの幼い少女がいた。



一夜にして、幼い少女は忽然と姿を消す。


その幼い少女は


『一花』と呼ばれていた。





11年後。


ひとつの街に、傷を負った少女がいた。

暴力行為が日常の日々を送る。


その少女は


『イチカ』と呼ばれていた。




「ここが、私の唯一の居場所だから」


「変な女」


「あなたの名前は?」「あんた、名前は?」



ーーーーその瞬間。


運命は静かに、する。







未成年の喫煙・飲酒、また暴力行為など、過激なシーンが度々出てきますので、ご注意ください。

作品内の団体・名称は、実在のものとは一切関係ありません。