愛を食らわば皿まで

作者有島 吾子

あの人はお隣さんで、極道で、それでいてあたしの恋人で。
貴方に手を出されたその日から、あたしの覚悟は決まってる。










を食らわば皿まで











最初で最後が欲しいだけ