別れと再会を繰り返すたび想いが溢れて止まらなくて。知れば知るほど離れたくないと思った。だから、決意した。――キミを奪いたい、と。

2e022e4a14b32b76fb37081d