俺の彼女は世界一可愛い

作者笹野優衣花

健全なハイスペック男子高校生が、超ド級な天然女子高生に翻弄される話。果たして、彼が報われる日が来るのであろうか…?*この作品はフィクションです。ご注意ください。

容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能、何をやらせても一通りこなしてしまう…そんな超ハイスペックモテ男子高校生、高岡真は今日も一人悶々と頭を抱えていた。ちらり、と隣を見ると自分の胸くらいの位置で目が合う。


「…真?どうしたの?」


 そう柔らかく微笑まれ、思わず見とれてしまう。


ーーーそう、目下の悩みは先月から付き合いだした彼女、笠原月花にある。ほんわかとした雰囲気で、美人というよりは可愛い。癒し系女子だ。キツイ印象を与えやすい自分とは違い、彼女は相手をほっとさせる才能に溢れている。


 真は咄嗟に抱きしめたい衝動をぐっと堪えた。もう大分慣れてしまった作り笑顔でこの場をごまかす。


「いや、何でもない」

「?ならいいんだけど…」


 まだ訝しんでいたが、何とか納得してくれたようだ。ほっと胸をなでおろしたとき…


「何か悩みがあるなら言ってね?真が辛いと、私も悲しい…」


 そう切なげに告げらえた言葉に、ズカーーンと衝撃が走った。

 ---ヤバい、超かわいい。マジでキスしたい。てか、押し倒したい!

などと、一人脳内ではめくるめくあらぬことを考えているとは露しらず。目の前の彼女は「あっ」と声を上げると、立ち止まった。


 そういえば、今登校中だった。

 彼女の学校の近くに来ていたことに今気づく。


「じゃあ真、また後でね」

「…あぁ、放課後向かえに来る」


 寂しげに告げた自分とは対照的に、彼女はいつものはわんとした笑顔で去ってしまった。

 ーーーもう少し寂しがってくれてもいいんじゃないか!?…その笑顔もかわいいけどな!!

と、思ったことは秘密である。