"記憶喪失×4匹の野獣"――「全部君の為だと思えばいい」全ては"あの日"から始まり、何かが変わろうとしていた。







最強と謳われる彼等にも、弱点がある。




「アイツを救ってやれ」




"あの日"のは――まだ消えない。




4 B e a s t Ⅱ





憶喪失

×

4匹の野





「あたしは仲間じゃない」





り続ける彼等の世界

全ての決定権は、にあった。





【激動の章】