出逢えた事が始まりだった

お前に出逢う、そのために生きてきたのかも知れない

二人の幸せ、それが互いの存在の価値

  • コメント
  • しおり1


初めてお前を見た時、月の精だと思った。


儚く、一瞬でも目を離せば、幻のように消えてしまう


太陽の光を受けて輝く月のように、お前を照らしてやりたい。


そう思った。