仲間に捨てられ独りぼっちになった青年と、親に捨てられた少年が出会った。
「おにーちゃんは僕を捨てないよね?」
「てめぇが俺を捨てない限りな。」
BL作品です

闇でしか生きられない、口の悪い青年。仲間たちは大切なものを見つけ、青年の手を離した。捨てられた青年は、雨の中独り歩く。そんな時、親に捨てられた少年に出会う。





「おにーちゃんは、僕を捨てないよね?」





「てめぇが、俺を捨てない限りな。」





2人は約束をした。





これは、戦場で生きてきた青年と、戦場とは無縁の少年の物語。








アメブロで書いていた短編小説を基に書いています。

(※BL、暴力表現などを含みます。大丈夫な方のみ読んでください。)




開始日2019.8.14