声の出せない僕は

作者つづみ。

声の出せない少年は不運なことに、抵抗できぬまま監禁される。
目的は何、そう聞くことも出来ずされるがまま。殺されないだけ流される方がマシ。
そう思っていたのに…。






「馬鹿だね」



こんなにも唆る子……初めてだ。





「一生僕の傍にいるの、逃がしちゃあげないから」



狂気じみた青色の瞳に捕らえられた。



その日から僕に"自由"などなくなった。