侯爵令嬢と執事様

作者月城葵

ある日、新しく執事として屋敷に来たアストン。初めは認めたくなくて辞めさせようと嫌がらせを始めるライラだが、彼の素の部分を見て興味を持ち......。

侯爵令嬢なのに、令嬢らしからぬ行動を取り続けるライラ。


現執事である爺やが後任に推したアストン。


初めは、2つ年上である彼には荷が重いと思い、すぐに辞めるだろうと嫌がらせを始めたライラに対し......



「ええ加減にせぇよ!箱入り女っ!」



口調荒く注意され、その日から興味を持つ。



「嘘のような笑顔を向けられるより、ずっと良いわ」




共に過ごす内に惹かれ始めるライラとアストン。


でも、身分差という壁が二人の前に立ちはだかる。


縁談の話を知らぬ間に進められ、ライラは酷い目に遭う。



ライラの泣いている姿を目にしたアストンは、駄目だと分かっていながらも自制が利かなくなり......。




父や兄、使用人達にも言えない、恋心が動き出す純愛ラブストーリーの前編がここに始まる。