LOVE奪取

作者Tojo

波木華は夫と娘の3人で幸せな家庭を築いていた。しかし、見た目が普通の華に美青年である和村仁が恋してしまう。そして仁の悪魔的策略によって幸せな家庭が揺らいでいく。

波木華は、夫の陽太と5歳の娘の3人で幸せな家庭を築いていた。

華と陽太は強い信頼関係にあり、浮気など間違っても起こりえないと互いに確信できるほど深く愛し合っており、家庭を大切に思い、強い絆で結ばれている。

華と陽太はどちらも平凡な顔立ちであるが、2人ともそれぞれ日頃から心掛けていることがあり、周囲の人からは好印象を持たれる傾向にあった。


現実はドラマと違い、悪い者でも幸せを勝ち取ることができるという信条を持つ姉弟がいた。その姉弟はどちらも端正な顔立ちで、大金を持ち、これまで数多のものを思い通りに手に入れてきた。

弟の和村仁は、やりようによっては愛さえも奪い取ることができると考えている。姉の和村冷夏も同じ考えを持っており、2人はギブアンドテイクの関係にある。


ある日、華は娘と一緒に2人で電車に乗っていた。その車両に仁が偶然乗り、華の姿が視界に入る。

仁は華に興味を持ち、次第に惹かれていく。そして華を手に入れるべく、陽太と別れさせるため、姉の冷夏に協力を仰ぐ。

最初は陽太を陥れるために近づこうとする冷夏だが、次第に陽太に惹かれていく。

仁は華を獲得するために、冷夏は陽太を獲得するために入念な計画を立て、準備を進めていく。

そして、和村姉弟の悪魔的な策略により波木夫妻の幸せな家庭が揺らいでいく。


信じ難い衝撃の事態を前に、精神的にボロボロになる華。

そうした状況の中、以前から華に好意を寄せていた大企業の社員である笹間翔吾が動きだす。


様々な思惑が交錯する物語の結末はいかに!?



波木華(34歳)

平凡な顔の女性。平日に娘が保育園に行っている間は、スーパーでパートの仕事をしている。


和村仁(24歳)

端正な顔立ちの青年。一流のトレーダー。会社に所属していなく、投資で大金を稼いでいる。


波木陽太(36歳)

平凡な顔の男性。介護職員であり、勤務日はシフト制で、妻の華と共働きで家計を支えている。


和村冷夏(25歳)

端正な顔立ちの女性。一流のデザイナー。会社の社長であり、ほとんど社内で勤務せず、外で自分のやりたいことをしている。


笹間翔吾(35歳)

ダンディーな顔立ちの男性。大手企業のサラリーマンで独身。平日に華のいるスーパーに寄る。