白雪姫は寵愛されている

作者

ある日朱雀の総長”八神仁”に突然話しかけられたのは、目が隠れるぐらいの前髪と腰まで長い黒い髪をした弱虫な女の子”白藤千雪”だった。その日から一緒にいるようになった千雪だったが…。ある時から実の兄”白藤朔也”の様子がおかしくなった。それが全ての始まり―――、





恋なんて陽キャの特権であり、

陰キャにそんなものは存在しない



だから…



私を好きなんて、嘘に決まってる





族の総長×陰キャ女子×狂気の兄




※一部虐め等の表現があります※

(節:憂鬱)






訂正(今の所)完了です。

話の前後が少し変わりました。



一章、

節:朱雀~お姫様の所を多少編集しました。02/21





~この物語はフィクションです~


登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。作中にて未成年の飲酒・喫煙のシーンがありますが、法律上では禁止されています。











応援されるとすごくうれしいです。




れびゅーありがとうございます!!(´;ω;`)

頑張れます…!