その出会い、最悪につき。

作者朝倉希

彼は性格が悪い。私は彼が嫌いだ。
だけど、一生思うだろう。








その出会い、


最悪につき。