「現実の恋愛に、【絶対】なんて無い」ずっとそう思ってた。─── 十六歳少女と極道若頭。一つの出逢いから始まる一途な恋の末、愛に溺れる物語。



十六歳の夏間際



私は彼の花嫁になった





「好きじゃ全然足りねえくらい、

俺はおまえを愛してる」





現実の愛に【絶対】なんて



存在しないと、思ってた───






借金の末に買われた花嫁

仁科 央華(にしな おうか)


×


関東最大の極道の若頭

東堂 悠人(とうどう はると)









──愛は溺れるものだから──









20190606*久々すぎるくらい久々に更新しました。更新滞ってしまって申し訳ないです…

まだ読んでくださってる方がお出でましたら、暇つぶしにでもなれば幸いです。


完結後改稿予定。内容は変えませんが、ページを纏めたりするかもしれません。