泡沫の音色【完】

作者春乃

1人の少女ピアニストと少年ヴァイオリニストの物語
私達を繋ぐ唯一のものは音楽でした

 彼の音色が好きだった




 もしこの音色が消えてしまうときがきても…





 


 私は_________




 ※この話はフィクションであり現実の人物、団体とは

  一切関係ありません








 ≪2016.10/7≫ *完結*