皇帝の華

作者

愛を知らない少女と孤独な王様、誰にも靡かない猫のような男「もうほっといてよ!!」「その目、ぞくぞくする」「俺と堕ちてみる?」歪んだ彼らの愛が狂気となって絡み合う

「ねぇ。

私と遊びません?」





「お前…。

馬鹿か」





「じゃあ…

試してみる?」



毎晩のように男を誘う少女




全ての頂点に立つ男




冷たい瞳を持ち誰のものにもならない男






そんな孤独な彼らの運命の話










初めての作品により、拙い点や間違いなどがあると思います

間違いを見つけた方はご指摘のほど宜しくお願いします