私はお姫様にはなりたくなかった。【大幅に内容修正しました。】

作者Rene

「だって叶羽は私の王子様なんだから。」








あなたに愛されていること





きっとただそれだけで







私は世界で一番のお姫様だったのに








私だけだと愛をささやいて












※誹謗中傷は受け付けておりません。