君に恋したあの時から

作者黒瀬 桜子


君は前によく遊んでいた友達よく似ている
少しかすれた声
きりっとした目に
大きな手

でも私はただの身代わりにすぎない


君に恋した私は多分この世でいう『バカ』なんだと思う


傷ついて我慢してたくさん涙したけれど

後悔はしてない


私は身代わりってしってたけれど

やっぱり君を嫌いになれなくて


とても酷いし普通に女の子を殴ってしまうだけど

嫌いになれないんだ