最速100㌔の女

作者はるめたぼ

いじめに耐え続けたのは、小さな意地。
強くなり続けたのは、小さなプライド。

封印した容姿と心を開放すれば、新たな闘いが始まった。

いじめに耐えて、耐えて、耐えて。


強くなることで身を守り、強くなることで抜け出す光を見つけた。





もう、負けない。




己を信じ、唯一の友を信じ、反撃のノロシをあげた。



晴天の空に、ノロシの残煙が風に吹かれて流れていく。



闘いの後に残ったのは・・・