寂しがりやな黒猫

作者シトラス

誰もが振り向く絶世の美女
桜琴子
その美貌から男を手玉に取り夜寝るための道具として使っている琴子だが、ある日ある男と出会う…



「キス、したいんでしょ?」








『知ってるか?』








『男を確実に堕とすテクニックをもってる黒猫って女』





『なんだそれ?』




『そいつを抱くには絶対ルールを守らなきゃいけないらしい』



『はあ?』





『そのルールは』







『黒猫が起きるまで絶対そばにいること』