10年ぶりに帰ってきた街では、私の手放した大切な人たちが有名な暴走族になっていた。











櫻小路家の三つ子













⚠この作品は、フィクションです。