Sweet & Sour

作者

彼の身長が私を追い越す日を
ずっと待っている・・・



気付かないうちに



でも


その時すでに


この先も続く因縁の渦の中に



僕はいた