夜に咲く華

作者ღLilyღ

「…すまない許してくれ」

突然そう告げ消えた父。


後日私の元に届いたのは借金の請求書だった。


生きる気力を失った私の前に現れたのは
貴方でした…

「…すまない許してくれ」




そう言い残し消えた父





「君の父親逃げちゃったんだ

だから君が代わりに払ってね」





突然そう告げられ

私の日常は180度変わってしまった。




もう疲れた死にたい







そんな時現れたのは







貴方でした。








ちゅーもくっっ!

226ページ以降ページ数がおかしなことになっていますが

気にせず読んで頂けると嬉しいです!