猫被りなアイツ

作者唯花

「ねえ、僕の事、甘く見てたでしょ?」
「あ?早くこっちこいよ」
そうやって、あたしに近づく2人。
…やめて、近づかないで。
あたしには、ちゃんとした人がいるの。






「あ、花富士さん、おはよう」


そう言って、爽やかに笑う佐々木 隼斗。




「花富士さん!今甘~いもの持ってないっ?」


そう言って、人懐っこい笑顔を向けてくる木崎 涼。






そんな二人は。



「ねえ、俺のこと、甘く見てたでしょ?」



「あ?早くこっち来いよ」








とんでもない猫被り男だったのです。