ファン
886

お立ち寄り有り難うございます。
趣味で小説を書いています。

大人恋愛・学園LOVE・純文学・ファンタジー・時代・青春と幅広いジャンルを書いています。

2019/9/30 「桜の下で会いましょう」が第1回ベリーズカフェファンタジー大賞にて佳作を受賞しました。応援して下さった皆さん、ありがとうございます。

2020/06/30「君の前では」にコメントありがとうございます

夏生めのうさん、コメントありがとうございます。
念願の、完結おめでとうコメント、頂きましたっ!!

そう、カーディガンが一つのキーワードになっていました。
私も実は、書いていて「カーディガンって、こんなふうに使えるんだ。」と思っていました(笑)

今回は、杏奈ちゃんが結構、思いを伝えてくれて、書き易いと言えば書き易かった。
彼女が一山超えてこえてくれて、作者なのにああー、よかったと思いました。

あと夏生さんには、なななんと!
「桜の下で会いましょう」にもコメントを!

実はこの作品「とりかえばや」のオマージュなので、そのキーワードが出て来た時には、本当にびっくりしました。
やっぱ夏生さん、作品の真相を知るの得意だわと、勝手に尊敬してしまいました(笑)

本当にありがとうございました。

コメント

ログインするとコメントが投稿できます

  • 夏生めのう

    こんにちは〜無駄に熱いコメントでお恥ずかしい限りです。
    それから大サソリちゃんのコメント有難うございました☆
    あそこは「笑って欲しい」所だったのでうれしいです〜♪

    いやお気に入りの作品にはついついフルスイング♪〜で行ってしまうので、いただいた方は「怖っ」…てならないかい?とか反省…
    いつも何だか恥ずかしい人で申し訳ないです


    「君の前では」はタイトルの意味がわかった時は「は〜そういう事か!」と謎解きが解けた爽快感も心地良く、何より読み進めるスピード感が気持ちよくて〜
    でもって心理描写も細やかで丁寧で充分納得がいきました。

    それから個人的に…ですが
    相手役の男の子がプラモデル制作が「好き」「得意」と言う設定と〜…
    プラモの数が減るどころかどんどん付き合い中増殖〜増えて

    ヒロインがそれをボーッと”何も考えずに見るのが好き”〜には何気にグッときました

    男の子は一体どんな気持ちで黙々と作ったのかな…とか?
    読み手はパパッと想像しちゃいます
    だってさ〜精神状態が安定〜充実してなけりゃあんな細かいオッソロシイ長時間の作業出来る訳が無いですので

    手先が器用で細かい作業が好きでーー……
    世間的に迫害されがちなマニアックと言われる制作事が得意な男の子から見たらこれがどれ程嬉しい事か

    自分を否定しない女の子
    ありのままの素を見せられる大切な子
    体の相性や好みのルックスもそりゃ最初は〜ですが、人としてこういう優しさがあるヒロインは矢っ張り好感度が高いと思います

    私も結構、伏線〜回収、キーワードを考えるのが好きなタイプなのでさり気ないこんな優しい作り込みに萌えました