愛するとは。

作者Ruka.

「佑梨。好きだよ。」

あぁ、私の心は今日も冷めていく…。



そんな私が出会ったのは、、、


「お前の体最高。」

「俺、お前の体にしか興味ないから。」

「お前、俺に惚れるなよ?」




私の体だけが目当てのとても美しいイケメンでした。