晴れた空のように綺麗な水色のキャリーケースに詰めたのは


18年間目をそらし続けた悲しみと


死に場所を探す覚悟でした。








その覚悟はたった数日で粉々に壊されました。