アクアリウムの底で笑う

作者yn

『鍵番』--ふざけた学校のルールで任された私の役割。散々な毎日の中で私の目の前に現れたカミサマは実は悪魔でした。



「今回の鍵番は誰なのかな」



「2年の人だって聞いたよ」



「え、3年って情報流れたけど」



「あんま話さないほうがいいよ」



「それもそうだね」



「逃げられたら大変だし」






「「「「早く捕まえたいね」」」」






狂った学校で



私はどこまでも




ふかく




ふかく





沈む






※R-18表現、無理矢理など刺激の強い描写があります