愛人ごっこのはざまで

作者登夢

スナックを営む私には人に知られたくない過去があり、その陰に怯えていた。私は3年前にその仕事から姿を消して、その過去を忘れようとしていた。そこへそのころのなじみの客だった磯村さんと山路さんがそれぞれ偶然にも私の店に現れた。磯村さんとは以前と同じ客としての関係が始まったが、山路さんは客としてではなく普…