夢の中で私を呼んでいるのはあなたですか?

作者登夢

僕は幼い時から同じ夢を見ることがあった。遠く離れた誰かを呼んでいる夢だ。偶然の出会いが生まれかわった僕と紗耶香を近づけ、夢が二人をさらに近づける。僕が悲劇の姫君の許婚の生まれ変わりだなんて信じられなかった。夢と現実が交錯する中で、紗耶香の年齢がいにしえの呪いの年齢に近づいていく。死へ呪いは二人の思…