Perfume -二番目の香り-

作者さく




どうしようもなく好きになってしまった。


こんなつもりじゃなかった。


あなたの特別になれなくても、辛くても、どうしたってあなたが好き。