陽だまりとハンバーグ

作者umekob.

──今日の晩ご飯は何だろう?

都会のオンボロアパートに引っ越してきた私には、ある『約束』がある。それはお隣の203号室に住んでいる“彼”と、「毎晩一緒に晩ご飯を食べる」というものだった。

“彼”といっても、恋人ではない。
それどころか、私は彼のことを何も知らない。

料理が得意なお隣さん。ただ…


恋人でも、友人でもない、

他人同士の私たちには、とある約束がある。


それはすごくシンプルで、けれど難解な、

毎日一緒に晩ご飯を食べる

という、ただそれだけの約束だった。


──食べる。ただ、それだけ。


食べることで少しずつ近付いていく、

私と彼の、心のお話。


それでは、両手をあわせて、


「いただきます!」


画像タイトルを入力…