奇跡、それは人々にとっては救いの象徴。
だけど、私にとっては呪いの言葉のようだった。



花吹雪が舞う祝福の日に、彼らは言った。


「これはまさに数百年の奇跡。」だと。





だけど、それは私にとって呪いのようでした。