彼氏がいるのに名前も覚えていない無職の男に翻弄され、癒され、守られそして落ちていく…





「悪いのは亜美さんじゃなくて彼氏さんでしょ?」



「違う。私が悪いから彼が他の人とするのに文句言っちゃいけないの」



「なにそれ。意味わかんないんだけど」





「私がいけないの…」





名前も覚えていない男が私の中にどんどん入り込んできて…







「亜美さん」



角度を変えキスをしながら



「かわいい」



男は優しい声で



「好きすぎてたまんない」



愛を囁いた