隣席のツンデレ彼女が拗ねてて可愛すぎるんだが

作者ことは

席替えで俺は学年一の美少女・田中明彩(あかり)さんと隣席になった。

ただし接点はゼロ。それなのに、何故か積極的に話しかけてくる。
どこかで出会ったことあったけ・・・。

え、前世の記憶?

この世に生まれる前から、君が好きだった。

不器用だけど、、分かって欲しい。



明彩「……ばか。」





 ………………………………





 ………………………………………………




鈴木「(明彩は涙を流しながら、嬉しそうに微笑んでいた。爽やかな風が吹き抜け、明彩の髪が揺れた。聞き慣れたはずの『ばか』って言葉、それが嬉しいと思えたのは、これが初めてだった。――――俺は、ずっと何かを探していた。何をしていても、どこにいても。心にぽっかりと、穴があいていた。その穴を埋める、何かをようやく見つけたのだ――。こんな喜びは、ほかにはない。ありのあままの気持ちを伝えようと思う。)なぁ明彩、聞いてくれるか?」




明彩「……ぅん。」




鈴木「俺たちは、時を超えてやっと出会えた。」





明彩「ぅん。」




鈴木「俺を見つけてくれて、ありがとう。」