異世界大正ロマン 帝都の魔導小町 ~悪魔なんて召喚しませんわ、猫を召喚しますの♪~

作者春古年

大正風の異世界に住む蘆屋小町と、現代の世界に生きる小野小町。
少女の魂は不定期にその二つの体を行き来する。
蘆屋小町は伯爵家の令嬢で、魔導士。
元日の朝、急遽、憲兵司令官である叔父に呼び出された彼女は、英国大使館で起こった怪事件の話を聞かされる。
なんでも大晦日の深夜、一等書記官が無残に惨殺され、…

ゴーーーーーン

除夜の鐘が鳴る。

これはもう確定ね。

今日は大正16年元日と云う事は、こちらの大正の世界は、向こうの現代の世界とは歴史的に繋がっていないと云う事。

つまり、異世界と云う事だわ。


物心が付いた時から数日おきに、魂が『大正時代の世界』と『現代の世界』とを行き来する体質の私。


大正時代の世界では、伯爵家の令嬢で魔導士。

憲兵司令官の叔父様の要請で、やむなく違法な魔法を取り締まる魔技取締分隊の相談役をすることに。

元日の朝、急遽叔父様に呼び出された私は、英国大使館で起こった怪事件の話を聞かされましたわ。

なんでも大晦日の深夜、一等書記官が無残に惨殺され、唯一の目撃者である大使閣下のお嬢さんは悪魔を見たとのこと。

亡くなったお爺様から教わった魔道の極意と、私の編み出した猫魔法を駆使して事件を解決して見せますわ。


現代の世界の私は、普通のサラリーマン家庭で暮らす普通の女子中学生。

こっちの世界じゃ、ゴロゴロ寝正月するんだ♪

て、思ってたのに、お姉ちゃんのせいで、正月三が日は巫女バイトする事に……。

しかも、バイトの帰りに、デカくてキモイ猿が……コイツ、絶対普通の生きた猿なんかじゃ無い。

大正時代の世界でバイオレンスした分、自堕落に過ごそうと思ってたのに……何この洒落怖展開は!

画像タイトルを入力…