スターチスの贈り物

作者柳 香桜



日常は当たり前ではない。
今、目の前にいる人を大切に。

あなたの想い、伝えませんか。

小林美花(こばやし みはな)22歳。

私には、人生を懸けて愛した人がいます。


彼との日々は幸せだった。

ずっとずっと続くと信じていた。

でも、当たり前はこの世になくて

恐ろしいほど儚く散っていく。


あなたにも大切にしている人はいますか。

あなたの想い、ちゃんと伝えてますか。



※この物語はフィクションです。小説内の人物・事象・団体は実在のものとは無関係です。

※誹謗中傷はご遠慮願います。