わたしのあしながおじさん

作者Shi








幼少の頃両親を失くした私は、

たった一人の身寄りである

祖母の元に身を寄せ、

この小さな島で育った。


その祖母も、

私が中学3年生の時に他界。




そんな私に

救いの手を差し伸べてくれたのは、


名前も顔も知らない、


あしながおじさんだった。