「あの、すみません。
細かいお金、持ってません?」

そんな何気ない会話から始まった、
期間限定の恋人関係。

・・・

小説家とフリーターの、ドラマチックなラブストーリー。




「あの、すみません。

細かいお金、持ってません?」



そう声をかけてきたのは、28歳フリーターの

爽やかな、リョウジ。


行きつけのコインランドリーで晩酌をする

27歳の売れない小説家の私は、

その場に不釣り合いな彼にお金を貸した。


そんなひょんなことから始まった、

2日に一度のコインランドリーの関係。


・・・



「確かに。ユウミの世界は不甲斐ないね。

じゃあさ。僕と恋人同士になってみる?

タイムリミットまでの期間限定。」



良いじゃん。楽しそうじゃん。

これで恋愛小説が書けるかも!!


そんな淡い期待と安易な考えで、

私は、知らない世界に飛び込んだ。