「大丈夫。僕がそばにいる。」

震えた細い指が私の手を強く握る。
そのか弱くて冷たい手が私の味方だった。

君は、唯一無二の存在だ。

・・・

姉弟愛ってどんな愛?
誰か"普通"を教えてよ。




  たちは


最も遠くて、一番脆い。



それが苦しくて苦しくて。


もう耐えられそうにない。



「それ、本当に運命だと思ってる?」



思ってるよ。だって、



「もう悠人に心配かけなくて済むんだもん。

それって運命じゃない?」



なんだそれ。


そんなことで掻っ攫われるのか。




  たちは


じつに曖昧な関係だ。