三界の書 ―銀閃の聖騎士と緋剣使いの少年―

作者阿季

※こちらは現在更新していません。カクヨム・ノベルアップ+にて連載中です※


物語の舞台となるのは、<聖域><人界><魔境>の地域からなる世界―――<三界>。

<聖域>に保管されていた祭器が何者かに盗まれてしまい、それを取り返す任務に就いた聖騎士リル。
行動を共にするのは、無愛想で口の悪い少年と…

<虚無大戦>―――

それは神代において封印された<黒紫の虚無神アド・ヴァーレ>が、魔族によって復活したことで起きた大規模な戦乱。

半年に及ぶ激戦の末、一人の聖女と神具の力で終結した。


それから三年後、聖域から祭器が何者かに盗まれ、ある聖騎士が空から落とされるところから物語は始まる。(?)