(コミックシナリオ)糸満ブイヤベース

作者yuzu

幼い2人の子を連れて沖縄へ移住した藤丘紗里は、糸満漁港の漁師、大城一真に案内されて糸満公設市場にあるレストランへ行く。ある日、店を任せるというメモを紗里宛に残してマスターの新里がいなくなった。紗里が唯一頼りにしている兄の明は反対したが、一真に後押しされて紗里はこっそりと店を始める。
 新里が作って…

幼い2人の子を連れて東京から沖縄へ移住した藤丘紗里ふじおかさりは、糸満漁港の漁師、大城一真に案内されて糸満公設市場にあるレストラン『ブイヤベース』へ行く。

地元の魚を使ったブイヤベーススープが看板メニューの小さなレストランを紗里は気に入る。


ある日、「ブイヤベースを任せる」というメモを紗里宛に残して、マスターの新里がいなくなった。

このままブイヤベースが無くなってしまうのが嫌で、レストランをやってみようかと悩む紗里。

兄の明に相談をするが、明はシングルマザーの紗里が儲けの少ないレストランをやることに反対する。

が、一真の後押しを受け、一ヶ月だけという期限を決めて紗里はブイヤベースを始めることにする。


新里が作っていたブイヤベースの味を再現できず、客は徐々に減っていく。

一真、大家や他のおばあ達とうまく意思疎通がとれず、ブイヤベースを開けていることを知った明とは距離が開いてしまう。

疲れから長男を強く叱り、落ち込む紗里。


大型台風の日、長男を連れてブイヤベースに行った紗里は、ブイヤベースが暴風雨で壊れそうになり、一真に助けを請う。

一晩、長男と一真と3人でブイヤベースに泊まり、激しい風雨からブイヤベースを守った。

人との繋がりを大切にしていくべきだとわかった紗里は、積極的におばあ達とコミュニケーションをとり、徐々に一真やおばあ達と仲良くなっていく。


紗里は新メニューを開発し、ブイヤベースの経営もうまくいきかけるが、次男が発熱して店を休む。

こども達と一緒にいたくて沖縄に来たのに、全然自分に余裕がないと痛感する紗里。

さらに、頼りにしていた一真が新里の元へ行くことを知る。


紗里は、このままブイヤベースを続けるべきか、兄の言う通りに安定した職業に就くべきかと悩む。

元オーナーの新里がいる辺野古へ向かう紗里。


紗里は、一真が去る前夜に一真だけのためにブイヤベースを開ける。


*この作品は『子連れでウミンチュと恋愛しながらスープを作る(完結)』をシナリオ化したものです。

https://maho.jp/works/15591074771453032685