ある日の放課後。日直で残っていた私は、学年一の秀才君と教室で二人きりになった。






頭のいい人の考えることって、全然わかんない。




彼の屈折した悩み





++++++++++++

彼の折した悩み

++++++++++++