きみが嫌いな夜に誘う

作者ヨシナガ

4年前に好きだった男が、会わない間に本気だった恋に捕らわれてしまっていた女の子の、不器用な慰めと愛のおはなし






きみの頬を濡らす涙が

月に反射して、煌めいていた





「──きれい、だね」




画像タイトルを入力…




わたしのこと、みなくてもいい


それでもいいから、 抱き締めて





きみが嫌いな夜にいざな




これは、不器用な彼の世界のはなし

2021.1-