高校3年生の主人公、望海は幼馴染みの海斗に密かに好意を持っていた。
しかし、振られるくらいなら告白せず側にいたいと自分の気持ちは伝えず幼い頃から片思いのまま。
そんな望海の気持ちを知らない海斗は思わせぶりな行動ばかり…
恋か友情か悩んだ望海はある提案をすることに…

ある小さな甘い事件から始まる、…







私が君に甘い理由?




そんなの決まってるでしょ?